2008年01月11日

世界ウルルン滞在記とは?

世界ウルルン滞在記(せかい - たいざいき)は、MBSが制作し、TBS系列で毎週日曜日の22:00〜22:54に放送されていた、トークショーとクイズ番組を兼ねた世界紀行ドキュメンタリー番組。


1995年4月9日に放送開始。それ以来、毎週安定した視聴率を稼いでいたが2006年4月以降、アシスタントに先代の相田翔子に代わり木佐彩子を起用してからは裏番組の「おしゃれイズム」、「中井正広のブラックバラエティ」(いずれも日本テレビ)や「週刊人物ライブ・スタ☆メン→スタ☆メン」(フジテレビ・関西テレビ共同制作・視聴率低迷により2007年3月25日に終了)や「日曜洋画劇場」(テレビ朝日)などに視聴者を取られてしまい視聴率が低迷したために(ごく稀に視聴率が1桁台になることがあった)、2007年4月1日放送の総集編スペシャルをもって一旦幕を下ろすことになった。


同年4月15日から『世界ウルルン滞在記"ルネサンス"』として番組をリニューアルした。

毎回、日本で活動している俳優や女優・タレントが海外でホームステイし、様々な事にチャレンジしていく様子をドキュメントとして放送し、その中からその国の文化や常識をクイズにして出題するという形式である。

滞在は1週間程度のことが多いが、滞在先に辿り着くまでに3〜4日かかることも珍しくない。番組名は“出会ウ、泊まル、見ル、体験(タイケン)をとってまとめたもの”と説明されているが、ホストファミリーとの別離の際にステイヤー達が涙する事が多い為、千葉麗子が点眼薬CMで使った「う〜るるん」の台詞と相まって、涙と関係があると誤解される事が多い。

なお、大韓民国の鬱陵島(ウルルンド)はまったく関係無い。

この類には吹き替えをせず字幕なのは珍しい。

番組初頭スポンサーは東レ。また他の筆頭スポンサーに富士フイルム、一時期筆頭スポンサーになったが、現在は各社扱いに30秒のスポンサーが提供している。

この番組の歴代の最高視聴率は2001年12月23日放送分の「あったかい冬!感動再会スペシャル」の21.7%(ビデオリサーチ、関東地区)だった。


引用:Wikipedia

posted by アバアバ at 06:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。